ハヤスフヒメ・ハヤスイヒメ

→ 語義
  

早吸姫。早吸日女。
アカツチ
の娘。 
ソサノヲ
マナヰアサヒ宮で見初め、求婚するも叶わず。 
失意のソサノヲは次第にイサワ大内宮の北の局 (モチコハヤコ) に出入りするようになる。 
そのソサノヲとの因縁からヤマタノオロチの犠牲となる。
  

大分県北海部郡佐賀関町大字関、早吸日女 (ハヤスイヒメ) 神社

  

アカツチ┬──??──┬サワラノ
│    │     └ユツヒコ
│    └ハヤスフ姫
│
└アシナツチ┐
      ├イナタ姫
 テニツキ─┘
  

侍婢答ふ "アカツチが ハヤスフ姫" と 聞し召し を飛ばせて 父に請ふ』7文
アカツチが 弟君に 因むをば ハヤ愚霊に 噛み殺す 弟アシナヅが 姫を乞えば 七姫までは 噛み食らふ』28文
『これソサノヲの オロチをば 連りヤスカタ 神となし ハヤスヒ姫も アシナヅチ 七姫 祭る 例し以て』39文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】