ミクサノウツワノリ・ミクサノリ・ミクサノミチ

→ 語義
  

三種の器法。三種法。三種の道。  → 三種宝
アマテル
の統治原理。 二尊の「経」と「矛」に「ヤタの鏡」を加えて完成する。

1.陽陰和る文。 日月が地を和して恵る象徴。
2.ヤタの鏡。  国の家の底辺である民を和し養う象徴。
3.八重垣の剣。 国の和を汚穢から守る垣の象徴。

いずれにも共通するのは 「やわし・和合・調和・養い」 の心で、これがすなわち "三種の器法" 。
  

『これも三種の 器法   あらで如何んぞ 得ざらんや』17文
『君は "御機"を 染めませば も "ミカサの "を染む』ミ序
オオタタネコも "ホツマ文" 染め捧ぐれば 三種法 具ふ宝と 御言宣』ミ序
も上ぐれば 御言宣 "三種の道の 具わりて 幸得る今" と 宣給えば 各々上祖 祭るべし』ミ序
『卑の向くは 三種宝(三種の器法)に 清汚知りて 民もに 向くぞ尊き』フ054

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】