カニ

→ 語義
  

(汚泥)。(香泥)。

  1. 汚泥。  下ること。腹下り。下痢。
     
    『人成りに サクラギ 汚泥の 曲 成せば  スセリ草にて 汚泥掃きて 曲枯れ癒ゆる 名もスセリ24文
    『今御子の 汚泥唾 吐けば ココモあり スセリ宮より 御湯 進め 海人草と共に 汚泥を治す』26文
     
  2. 香泥。  臭う泥。湯の花。硫黄。
     
    カツテ倚子も 御湯も上ぐ 産が屋の湯とは 木の花の 白き香泥咲く 凝湯泥 またアマガツ等』26文
      

  

  

カニノクサ

→ くさ
  

汚泥の曲。
腹下りの病。痢病。
  

【痢病】リビヤウ −広辞苑より−
腹痛・下痢が激しく、飴状の排泄物を出す伝染病。赤痢の類。
  

『人成りに サクラギ 汚泥の 曲 成せば  スセリ草にて 汚泥掃きて 腐枯れ癒ゆる 名もスセリ24文

  

  

カニツバ

→ 語義
  

汚泥唾。
汚泥の排泄物。下痢便。
  

『今御子の 汚泥唾 吐けば ココモあり スセリ宮より 御湯進め 海人草と共に 汚泥を治す』26文

  

  

参考:カニモリ

★産育の始祖。その職号を蟹守と言う。カニは香泥、即ち胎児の垢。後世、掃部 、加守、狩森、鴨田等の名あるはすべて蟹守の転訛。産科育児等にたづさわる人は祖神の居ます加守の地を第二の故郷として、しばし帰参去るべし。
  

奈良県北葛城郡当麻町大字加守、
葛木倭文坐天羽雷命 (カツラギシヅリニイマスアマハイカヅチノミコト) 神社、相殿 蟹守神社

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】