イス

→ 語義
  

【倚子・椅子】いし・いす −広辞苑より−
坐臥具の一。四角で四脚、左右および後に手すりがあり、背部に鳥居形のよりかかりがあって、上に褥(しとね)を敷く。天皇や高官の公卿が立礼(りゆうれい)の儀式中、腰を掛けるためのもの。

→ 写真
  

カツテ倚子も 御湯も上ぐ 産が屋の湯とは 木の花の 白き香泥咲く 凝湯泥 またアマガツ等』26文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】