カガミノフネ

→ 語義
  

鏡の船。 
オホナムチ
がアワのササザキスクナヒコナと出会った時、ヒコナが乗って来た船。 
船首に鏡を掛け真榊を飾った船か。 =イワフネ(斎船)・イワクス船(斎貴船)
鏡は「和つ日月」の物実で「御上・公・中央政府」を象徴する。

クシキネ アワの ササザキに 鏡の船に 乗り来るを 問えど答えず』9文
  

■鏡と同様に真榊も、「御上・公・中央政府」のシンボルのようだ。
  

『陽陰を領らする 現の子を 生まん思いの マス鏡 両手に 擬らえて』4文
ツハモノヌシが "真榊の 上枝は熟玉 中つ枝に マフツの鏡 下 和幣 掛け祈らん" と』7文
を抜きて 上つ枝に 八握の剣 八尺鏡 下 環珠や 白旗を 艫舳に掛けて38文
『ヤマトタケ 上総に入れば 枝に 鏡を掛けて 向かいます』39文
舳の美の 船は教えの ヲオナムチ 飢え 見ぬ衣を 被り諫めつ』フ063

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】