おきて  オキテ  okite
をきて  ヲキテ  wokite

  

【掟】
定め。きまり。この世の定め。

『よよのをきてと なるふみは ほつまつたえと おもふゆえ』ホ序
『まえうしろ みたれてなかる わかはちお のちのおきての うらかたそ』ホ7
『しもかうらやみ かなはねは おきておうらみ きみそしる これもあたなり』ホ16
ほこのをきては みめくみに よこまほろほす はたのぬき』ミ1

 
おきつ(掟つ)」の名詞化。
「おきつ」は「おく(和く・置く)」と同義語「きつ(交つ・喫つ)」の合成。 
ここでは「A: 合わす・据える・定める」などの意。

類語:「さため(定め)」「たて(立て・経)のり(法)」「みち(道)

  

10/03/04

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】