あすか  アスカ  asuka

  

【(馳す如・焦す如)】
D. 正の方向に離れる如きさま。「馳せる・焦る」如きさま。

『さむれはやたの からすあり おおちかうかつ あすかみちホ29

 
あす(馳す・焦す)」+「か(如・然)

 
 

【(明処・明時・明日)】
改まった時。 翌時。翌日。

『いかるかの みやにうつりて そのあすか うてなによもお のそむおり』ホ20
『くまのなる あすかうつせは よきためし すてにきわまる』ホ20
『そのかさり かくやはたあり そのあすか おおんたからに おかましむ』ホ24

 
あす(明す)」+「か(方・処・時・日)
「あす」はここでは「C: 回る・改まる」などの意。

類語:「あした(明日)
派生語:「あす(明日)

 
 

【(濯・和直)】
B: 離すこと。放つこと。払うこと。除くこと。
A: 合わせ。(逸脱・曲りの)直し。調え。調和。

『もろはかり ついにうつして あすかかわ くるわにほりて みそきなすかな』ホ20

 
「あすく」の名詞化。
「あすく」は「あす(褪す/和す)」と同義語「すく(濯ぐ/直ぐ)」の合成。
ここでは「B: 離す・放つ・払う」、またその結果「A: 合わす・調える・直す」などの意。

変態:「いすき(濯ぎ)」「ゆすき(濯ぎ)」「みそき(禊)
類語:「すすき(濯ぎ)」「そそぎ(濯ぎ)」「せみ(清み)」「みさほ(操)」「たか(治汚・多賀)
派生語:「あすかかわ(飛鳥川)

 
 

【飛鳥・明日香】<地名>
1.(汚穢・隈を)避けて来た所。(汚穢・隈が)祓われる所。
2.焦る・馳せる如きさま。
3.翌時。翌日。
 ●アスカ宮の略。アスカ朝廷。

『まこほのあかり かくやまの あすかのみやに をわします』ホ序
『このひあすかの みやしろと ふとたまおして いわわしむ』ホ21
『のちむらくもに ゆつりおく むらくもあめの をんともに あすかにはへる』ホ24
『いせよりたちて あすかみや これよりみつの にしのみや』ホ24
『いまよりあにも なはやまと あすかをきみと はらをきみ』ホ24
『としめくるひも もにいりて あすかのかみと まつるなり』ホ27
『ゆえはあすかお おちたとき まめおわすれす このゆえに』ホ28
『さむれはやたの からすあり おおちかうかつ あすかみちホ29
『むかしあまてる かみのみこ いわふねにのり あまくたり あすかにてらす』ホ29
『それのきみ あすかおうちて くにおとる かみにたかえり かれなれす』ホ39
『むかしあすかの なかすねか ふみぬすめとも あすかきみ たたさぬゆえに』ホ39

 
地名としての 「あすか」は「性急」「翌時」「汚穢の祓い」の意が重なる。
「飛鳥」の漢字は「白庭山に飛ぶカラス(枯らす)の汚穢・隈を避けようと、飛ぶ鳥のようにすばやく宮を移転した」という意が表されているように思われる。「あすか」はまた「くまの(隈野)」の対語である「たか(治汚)」と同義。

 
 

【(明栄)】
正の方向に離れるさま。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」さま

『なかはやましろ はなやまの おとはひかしの あすかのへ』ホ8

 
あす(上す・明す)」+「すく(栄く)」の合成「あすく」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)離れる」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」などの意。

  

10/06/28

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】