せみ  セミ  semi

  

【(清み)・瀬見】
祓い。禊。直し。清め。

せみのおかわに みそきして ちのわにたたす みなつきや』ホ10
『ゐほせみな うちうつしこめ うむみこは やまとあえくに おおひこそ』ホ32

 
せむ(清む)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・治める・調える・直す」、また「B: 離す・放つ・払う・そらす」などの意。

類語:「みそき(禊)」「すすき(濯ぎ)」「そそき(濯ぎ)」「いすき(濯ぎ)
派生語:「せみのおかわ(瀬見の小川)」「せみな(清穢)」「せみなつき(清穢月)

  

10/10/20

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】