⇦前の講座          目次           次の講座⇨ 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

徹底解説みかさふみ講座 第21回 [2022.7.26]

みかさふみ 一女三男の文 (4)

著者:おあずけ2号 (駒形一登)
著者HP:ホツマツタエ解読ガイド https://gejirin.com

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ひめみをのあや (その4)
 一女三男の文 https://gejirin.com/mikasa03.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――
 やわしてあわお ゑなとして やまとあきつす あはちしま
 いよあわふたな おきみつこ つくしきひのこ さとうしま
 うみてうみかわ やまのさち
 きをやくくのち かやのひめ のつちもなりて
―――――――――――――――――――――――――――――
 和してアワを 胞衣として ヤマト秋津洲 淡路島
 伊予阿波二名 隠岐三子 筑紫 吉備の児 佐渡 大島
 生みて海川 山の幸
 木祖ククノチ 茅の姫 野槌も生りて
―――――――――――――――――――――――――――――

■和す (やわす)
ホツマ・ミカサを理解する上で非常に重要な言葉です。
原義は 「陽と陰を融合して一つにする」 です。
これは両極端を和して 「中和・緩和・調和する・やわらげる」 ことを
意味し、例えば、酸とアルカリを和して中性にするということです。
このことから 「調えて直す」 という意味にも使います。

 アワス(合わす)とヤワス(和す)は似ていますが、少し違います。
 アワスは 「添える・くっつける・混ぜる」 という感じですが、
 ヤワスはもう少し深くて、「溶かす・融合させる・一つにする」
 という感じです。

 
■和してアワを胞衣とす (やわしてあわおゑなとす)
陽陰の二尊が一つとなって(和して)、民を調え直して(和して)、国に和の道
(調和の道)を敷いて、と三段階の意味を “和して” に重ねます。
民の調教はアワ歌で言葉を直すことから始めましたが、都を置く中国(なかくに)は、
アワ歌により 和の道 が通ったため、 アワ国 とも呼ばれるようになります。
このアワ国を胞衣(育成基盤)として、二尊は国家再生に力を尽すのです。

・アワ歌を 上二十四声 イサナキと 下二十四声 イサナミと
 歌ひ連ねて 教ゆれば 歌に音声の 道 開け 民の言葉の 調えば
 中国の名も アワ国や                  〈ホ5-1〉
・和(まと)の教えに かかんして のんアワ国は てんヤマト 〈ホ5-4〉

 
■ヤマト秋津州 (やまとあきつす)
ヤマトは ここでは 「中・内地・本州」 を意味します。
アキツ(秋津・蜻蛉)は 「トンボ」 のことですが、日本の本州の形は
「交尾中のトンボ」 の姿に似るため、秋津州(あきつす・あきつしま)と呼ばれます。

 あなにえや 得つは内結ふ まさき国 
 形 アキツの となめせる これアキツ州 〈ホ31-2〉

 
■伊予阿波二名 (いよあわふたな)
「伊予と阿波の二名を持つ州」 の意で、これも 「四国」 の別名です。
古くは ソアサ、イヨ と呼ばれていましたが、二尊の 地のアワ歌 によって
四国の民の言葉が直ったため、アワ(阿波) とも呼ばれるようになります。

 ソアサ国 サクナギの子の イヨツヒコ
 歌に言葉を 習わせて 二名を求む アワツヒコ 〈ホ5-1〉


■隠岐三子 (おきみつご)
オキは 「大き」 の意で、この場合は 「親」 を表します。
オキミツゴは隠岐諸島にある 「親島と三つの分島」 を指します。


■吉備の児 (きびのこ)
岡山県南部の 「児島半島」 をいいます。昔は海に浮かぶ島でした。

 
■大島 (うしま)
いろんな説がありますが、筆者は 「伊豆大島」 と考えています。

 今に言う オオ(大・多・央)は、ウホ(uho) が原形で、
 そこから ウオ(wo)、ヲ(wo)、ウ(wu、u)、ヲヲ(wowo)、
 ヲオ(woo)、オホ(oho)、オオ(oo) などの表記形が派生します。


■生みて (うみて)
これは 「再生して」 の意と思います。つまり和の道を敷いて秩序を回復し、
「統治システムを再生」 したということでしょう。


■海川山の幸 (うみかわやまのさち)
国に和の道が通って民の心が和らぐにともない、
「自然の恵みをもたらす自然神も再び喜んで働き出した」
という意味だと思います。

 ★サチ (幸・▽鉤)
 サチは サツ(▽擦つ)の名詞形で、「往き来・やりとり・返り」 を原義とし、
 このサチ(幸)は 「見返り・報い・対価・獲物」 などを意味します。
 シチ(質)は このサチの変態です。


■ククノチ (くくのち)
クク(▽木々)+の+チ(▽霊/▽治) で、
「木々を守り治める自然神(精霊)」 です。
他文献では “句々廼馳・久久能智命” などと記されます。


■茅の姫 (かやのひめ)
「茅(=草)を守り治める自然神(精霊)」 です。
他文献では “草野姫・鹿屋野比売” などと記されます。


■野槌 (のつち)
ノ(野)+つ(=の)+チ(▽霊/▽治) で、
「野山に棲む生き物を守り治める自然神(精霊)」 と思います。
野椎・野つ霊” とも記されます。

 

【概意】
陽陰の二尊が一つに和し、民を調え直し、国に和の道を敷き、
アワ歌に成るアワ国を基盤として、本州の秋津洲、また淡路島、
伊予阿波二名、隠岐三子、筑紫、吉備の児、佐渡、大島を再生。
それにともない 海川山の幸をもたらす自然神も、
木草や野の生き物を治める自然神も その守護を再開する。

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 あわうたに をさむはらみの みやにゐて
 すてにやしまの くにうみて いかんそきみお うまんとて
 ひのかみおうむ そのみなお うほひるきまた
 あまてらす をおんかみとそ たたえます
―――――――――――――――――――――――――――――
 アワ歌に 治むハラミの 宮に居て
 「すでに八州の 国生みて 如何ぞ君を 生まん」 とて
 日の神を生む その御名を “ウホヒルキ” また
 “和照らす 大御神” とぞ 称えます
―――――――――――――――――――――――――――――

■ハラミの宮 (はらみのみや)
「ハラミ山麓の宮」 という意味で、ハラミ山は今の 「富士山」 です。
この宮はホツマ国の都です。
ホツマ国は中国(なかくに)の一部で、今の関東〜東海地方をいいます。

 ★ハラミ山 (はらみやま:孕み山)
 二尊が日月の神霊を 「孕む山」 という意で、今の 「富士山」 をいいます。
 カグヤマ(橘山)・オオヒヤマ(太陽山)・ヒノヤマ(日の山)・オオヤマ(太山)・
 コノヤマ(熟山/九の山)・トヨヰユキ山(響居雪山)・フシの山 など、
 多くの別名がありますが、ハラミ山が最もポピュラーな呼び名です。


■八州 (やしま)
シマ(州・洲・島・嶋)は シメ(締め)の変態で、
「八つの締め・八つの区画」という意味です。


■如何ぞ (いかんぞ)
「どうにかして・なんとしても」 などの意です。

 いかん‐ぞ【如何ぞ】  (広辞苑)
 〔副〕 (主として漢文訓読に用いる)
 1.どうして。なんとして。
 2.(文末で)どうだ。どんなだ。

 
日の神 (ひのかみ)
「太陽の神霊」 という意味で、アマテルを指します。
アマテルは正確には日と月の両神霊の顕現ですが、
“日の神” と簡略して呼ぶことが多いです。


■ウホヒルキ (太陽霊貴/大日霊貴)
ウホ(大・太)+ヒ(陽・日)+ル(霊)+キ(木・貴) で、アマテルの幼名です。
ウホヒル(太陽霊・大日霊)は 「日の神霊」 を意味します。
キは キミ(木実)の “キ” と同じで、「先に上昇した陽/男」 を表します。
ウヒルキとも記されます。

・泣く御子の 声 聞き取れば 「あな嬉し」 これより諸が
 名を乞ひて 叔母より問えば 「ウヒルキ」 と 自ら答ふ 〈ホ4-5〉
・幼名の "ウ" は '大い' なり "ヒ" は陽の環 
 "ル" は日の精霊 "キ" は 'キネ' ぞ
 故 太陽霊貴の 尊なり "キネ" は女男の 男の君ぞ   〈ホ4-5〉

後世、これを “おおひるめのむち” と読んだことが、
天照大神は女神であるという誤解(陰謀?)の基礎となります。


和照らす大御神 (あまてらすをおんかみ)
アマテラス(▽和照らす)は 「和(やわ)して照らす・ほどよく調えて恵む」
という意で、日や月が地球に与える恵みを表現したものです。
大御神(をおんかみ・ををんかみ)は 「おほおほ(大々・大央・皇大)の神」 の
音便で、御神(をんかみ)より 1ランク尊敬レベルの高い言い方です。


■称えます (たたえます)
“ます” は尊敬を表す場合と、謙譲を表す場合とがありますが、
ここでは後者です。

 ま・す【申す】  (広辞苑)
 他四(マウスの約)
 1.「言う」 の謙譲語。
 2. 他の動詞に添えて謙譲の意を表す。

 

【概意】
そしてアワ歌により治まる ハラミの宮に居る時、
「すでに八州の国を生みたる今、なんとしても君を生まん」 と
日の神を生む。
その御名を “太陽霊貴” また “和照らす大御神” とぞ称え申す。

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 くにうるはしく てりとほる
 くしひるのこは ととめすと あめにおくりて
 あめのきと みはしらのみち たてまつる
―――――――――――――――――――――――――――――
 国 麗しく 照り通る
 「貴霊の子は 留めず」 と 天に送りて
 “陽陰の起” と “御柱の道” 奉る
―――――――――――――――――――――――――――――

■照り通る (てりとほる)
これは 「日の御子の光が国の八方に行き渡る」 という意味です。
ホツマの4アヤには、この光が通って八方に黄金が放出したと記されます。

 御子の光の 照り通り 八方に黄金の 放さけば
 日の分宮の ワカヒトと トヨケ斎名を 奉る 〈ホ4-6〉

 
■貴霊・奇霊 (くしひる・くしひ)
「尊い神霊」 を意味し、この場合は特に 「日月の神霊」 をいいます。

 ヒル(▽霊)は ヒル(▽秀る)の名詞形で、「上位にあるさま」 を表し、
 カミ(上・神)と同義です。ミ(霊)ヒ(霊)・ヰ(霊)、また ル(霊) と
 短縮されます。


■留めず (とどめず)
この場合は 「手許に留めず」 という意です。


■天に送る (あめにおくる)
アメ(▽上・天)は 「上・高み・中心」 などを原義とし、
この場合は 「ヒタカミのトヨケの許に送る」 ということです。

 二尊畏れ 「我が宮に むべ育てじ」 と 天に上げ
 オキツの宮に 帰ります  〈ホ4-6〉

 
■陽陰の起 (あめのき) ■御柱の道 (みはしらのみち)
これらは文書の名と考えます。“陽陰の起” は「陽陰の起り・天地創造」の意、
“御柱の道” は、国家の「中軸たる国君の道」の意と思います。

 さらに推せば、この二文書は断絶した旧中央政府の君に代々伝えられて
 きたものが、二尊に譲られたのかもしれません。だとすれば後の三種宝の
 「陽陰和る文(あめなるふみ)」と同様、これは皇位の証だったはずです。



■奉る (たてまつる)
これは二尊がウホヒルギに奉ったのだと思います。“奉る” は下位の者が
上位の者に献上するという意ですから、国君である二尊が、自らの子である
ウホヒルキをすでに上位者とみなしているわけです。

 

【概意】
日の御子の光が、麗しく国に照り通れば、
「尊き神霊の子は我が手許には留めてはおけない」 と、
ヒタカミのトヨケの許に送り、
"陽陰の起" と "御柱の道" の二書を御子に奉る。

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 かれにはらみお おおひやま
 とよけかかゑて わかひとと いみなおささく
―――――――――――――――――――――――――――――
 故にハラミを “太陽山”
 トヨケ考えて “ワカヒト” と 斎名を捧ぐ
―――――――――――――――――――――――――――――

■ハラミを太陽山 (はらみおおおひやま)
ハラミはここではハラミ山(=富士山)をいいます。
ハラミ山は 「二尊が日月の神霊を孕んだ山」、ということで “孕み山” です。
またこれは 「太陽霊貴(うほひるぎ)の神霊を孕んだ山」 ということでも
ありますから、“太陽山(おおひやま)” の名が加えられたわけです。


■考える (かがゑる)
今に言う カンガエル(考える) と同じですが、
カガ(▽明暗)+ヱル(得る) で、「明暗/陽陰を合わす」 を原義とし、
「照らし見る・比べ見る・比較考慮する」 などの意を表します。
ですから カンガミル(▽明暗見る・鑑みる) と同義です。
カガナフ(▽明暗和ふ) ともいいます。


■ワカヒト (分日人/若日人)
アマテルの斎名(本名・実名)です。
意味は 「日から分かれ出た人」 で、ワカヒト(分日人)。
また 「若日(初日の出)と共に生まれた人」 で、ワカヒト(若日人)です。

・日の分宮の ワカヒトと トヨケ斎名を 奉る 〈ホ4-6〉
・時 二十一鈴 百二十五枝 三十一 キシヱの 初日の出
 若日と共に 生れませば 斎名ワカヒト    〈ホ28-1〉


■捧ぐ (ささぐ)
これは “奉る(たてまつる)”と同じで、下位者が上位者に献上するという
意味です。先代の国君のトヨケでさえ、自分の孫をすでに上位者とみなして
います。

 

【概意】
御子の名の太陽霊貴に因んで、ハラミ山を “太陽山“ と。
トヨケは鑑みて、“ワカヒト” と斎名を捧ぐ。

 

本日は以上です。それではまた!

 

⇦前の講座          目次           次の講座⇨