やまさかみ  ヤマサカミ  yamasakami
やまさ  
ヤマサ  yamasa

  

【(屋座神/八座神)・八将神】
1.屋に座す神霊。屋に纏る神。
2.八座の神。八方位の神。

『なんちうけへし あめのかみ やまさお うみて みかまもり』ホ21
『あめよりくたす ひよみかみ ふたかみこれに やまさなす』ホ21
『かとのたかやに やまさかみ まつるはたみの からふしま』ホ21
『たみこころ あめにとときて きみかかと やまさのかみか しるゆえ に』ホ21
『とりよりさきに しるかみの しまはとりゐそ』ホ21
『これかみの みこにをしゑて いたわりお しらねはかみは とりゐぬ そ』ホ21
『またうつろゐの やま さもり ゑとのほにより つきまもる』ホ21
『おのおのみなお たまはりて こよみおまもる やまさかみなり』ホ22
やまさのかみと もろともに よよのかまとを まもらしむへし』ホ22
『としこえは うむきとすめと よねむます としのりやまさ おにやら ゐ』ホ38
『としのりたまめ やまさかみ をころのかみも はにまつり』ミ8

 
や(屋/八)」+「まさ(座)」+「かみ(神)

類語:「やまさもり

  

12/03/03

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカ サフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめな るみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】