きさひ  キサヒ  kisahi

  

【(木添ひ)・后】
男君に添う者。男君の妻。

『やさかいりひめ すかたよく きさひのみやに めさるとも みさほならんか』ホ38

 
き(木・貴)」+「さひ(添い・妻)
「き」は「きみ(木実)」の「き(木)」を表す。
「さひ」は「さふ(障ふ・支ふ)」の名詞化で、「そひ(添ひ)」の変態。

類語:「つま(妻)」「きさき(后)」「つほね(局)
関連語:「さい(妻)」

  

10/01/26

   

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】