ヤマシロ・ヤマウシロ

→ 語義
  

  1. 山背。山後。 日似山 (比叡山) のうしろ。
      
    『告げて兄彦 ここに留め 中は山背 花山野 弟は東の アスカ野へ 狐も三つに 分け行きて 田畑の鳥を 追わしむる』8文
    告ぐるツクシの ハテスミと オトタマ姫と ワニ 上り 西の宮より 山背に 到りて問えど』26文
    オシクモは 四十八喪に入り 山背の オシホに納む 東向き』28文
    『九年の夏 雨 四十日降り 山背方 アワ海あふれ 稲もミモチ 嘆き告ぐれば 御言宣』
    32文
    『それより 山背も 筑紫 "直り" も 出雲にも 伊勢花山も 年毎に 祭る "カセフ"ぞ』32文
      
      
  2. 大和と山背の境の地。 山城。京都府相楽郡山城町。
      
    瑞籬の 十年九月の十七日 越の御使 オオヒコ帰り 申さくは 行く山城の 奈良坂に』34文
    タケハニヤスと アタ姫と 軍 起して 山城と 妻は逢坂 道分けて 共に襲ふを』34文
    ヒコクニフク 山城の ワニタケスキに 斎瓮据え 兵 率きて 軍立て 木茅踏み平け 手柏の 戦まず勝つ』34文
      

      
  3. ヤマシロフチ

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】