オシマコト

→ 語義
  

彦太忍信命。 
ヤマトクニクル
(8代孝元天皇) 内侍イカシコメの子。斎名:ヒコフト(彦太)。 
ウマシウチ
(ウマシタケイゴコロ) の父。 

  

オオヤマトフトニ┐
   (孝霊天皇)├───ヤマトネコヒコクニクル(孝元天皇)
ホソ姫─────┘     ┃
              ┃
オオヤクチ─┬─────ウツシコメ[内宮]─────┬(1)ヤマトアエクニ(オオヒコ)
(孝霊宿禰) │       ┃          │
      │       ┃          ├(2)ワカヤマトネコヒコ(開化天皇)
      │       ┃          │
      │       ┃          └(3)トト姫
      │       ┃
      └ヘソキネイカシコメ[内后]──────(4)オシマコト
              ┃
河内国造アオカキカケ──ハニヤス姫[内后]──────(5)ハニヤス
  
  
ヤマトネコヒコクニクル┐┌────────────オシマコト
    (孝元天皇)  ├┤              ┃
イカシコメ──────┘└ワカヤマトネコヒコ(開化天皇)┃
               ┃──────ハツラワケ┃──ウマシウチ
            ┌タカ姫          ┃(ウマシタケヰココロ)
 タルミ────────┼─────オウチ     ┃     ┃
(葛城国造)       └─────────────タカチ姫   ┃
                                 ┃───タケウチ
                            ┌キウツ ┃
                       ウチマロ─┤    ┃
                       (紀の国造) └ヤマトカゲ姫

  

奈良県五條市今井、宇智 (ウチ) 神社
福井県坂井市三国町安島、大湊 (オオミナト) 神社
  

★『旧事』紀臣らの先祖。
★『書紀』彦太忍信命(ひこふとおしまことのみこと) は武内宿裲(たけしうちのすくね) の祖父。
  

『十三年一月三日 イカシコメ 生む御子の名は オシマコト 斎名ヒコフト』32文
『後オシマコト オウチが妹 タカチ姫と生む ウマシウチ これ紀ウツが妹 ヤマトカゲ 娶り生む子は タケウチぞ』32文
『昔 叔母  姪 今は続 生む子あり 連なる枝の オシマコト 母は違ひぞ』32文
『紀の国に  祭らんと 占えば "行くは好からず" 御幸止め オシマコトの子 ウマシタケ ヰココロ遣りて 祭らしむ』38文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】