コヱネノクニ・コシネノクニ

→ こゑねのくにこしねのくに 
  

1.コヱネ(還根)の国。コシネ(遣根・越根)の国。 
2.コヱネ(籠結根)の国。

いずれも北陸地方を指す。  =根の国越国
  

叔母姫が コヱネの国に 御衣 織りて 奉る時 泣く御子の 声 聞き取れば "あな嬉し"』4文
還の根の国 アチハセが 峰輿 捧ぐ これに召し 白山峰を 巡恵るに 斜めにならず』24文
ワカムスビ 籠子をに 糸なせば ココリ姫 結て 衣ささぐ 籠結根の国ぞ』24文
オオモノヌシは アワ海の 大地宮を 造り替え 越根の国も サホコ みな 民を治めて 静かなり』30文
『あなにえや 得つは和つ結ふ 和き国 形 蜻蛉の 因めせる これ蜻蛉洲31文
和尊は ヤマト心安 還根国 ヤマトヒタカミ ソコチタル 地上ホツマ オオナムチ 玉垣内方 ニギハヤヒ 空みつ大和31文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】