オオクニ

→ 語義
 

央国。
近江多賀の別名。ヲコの里とも呼ばれる。
二尊の後、クシヒコが知行したもよう。ヨロギもこの地をいうと思われる。

  

  

オオクンヌシ

→ 語義
 

央国主。 
央国(=近江の多賀)の領主であるクシヒコ。  →大国主
 

大国主の 考えは 木は逆しまに 頭 下  故 棟を以て 屋根となす 葺くは "やね"  根ぞ』21文

  

  

オオクニミヤ

→ 語義
  

央国宮。 
ウガヤ多賀宮の別名。
大物主
クシミカタマはアワ海のこの宮を改修して、越根国サホコを治めたという。

オオモノヌシは アワ海の 央国宮を 造り替え 越根の国も サホコ みな 民を治めて 静かなり』30文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】