おしむ  オシム  osimu

  

【惜しむ・愛しむ】
A: (心を)合わす・寄せる。執着する。
D: 正の方向に離す。「上げる・敬う・尊ぶ・栄す・優れさす・中心に置く」

『あやまらは たとえいのちは おしまねと ちけかれゆえに』ホ15
『ひともたききに きることく おしまてしむの ゐたみかな』ホ17
『うつわもの ぬすまはおしむ そこなはは しむのいたみも しるなかこ』ホ17
『をしかいたれは みそふかみ したひおしめと みことのり』ホ26
『のにふして たれとかたらん おしむらく まみえぬことよ あめののりかな』ホ40

 
おし(惜し・愛し)」+「しむ(形容詞の動詞化)」の合成。
「しむ」は「合わす」の意で形容詞を動詞化する。

類語:「おそる(惜そる)

  

10/02/24

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】