ニ  ni

  

【和・柔・二】和合。和し。親愛。調和。直り。

『まえにひきすゑ たれあくる きみやさかにの まかるたま』ホ8
『とはとふか ひかたにこかと にかまたら ひふみにしるす』
ホ21
『さのきより あかつきのあは のたから くらやめのあは かにやめる』ホ21
かになすのあは かにそこね あきらかのあは にのよろし』ホ21
『もろひとの おうまんとて ふたそめて さとしおしえん にのみちミ10

【和・濡・塗】合うさま。

うひちにの すひちおいるる さいあひの そのもとおりは』ホ2

【和・陰・女・妹】やわすさま。にちにし(和霊)の略。月の陰霊。

『めはあにむかひ ましわりの かねのにしなき とわたなす』ホ16
『ひるはうえに ひたのほり よるはしうえに みきくたり』ホ16

【璽】合わせ。照合。照合の品。しるし

あまきみのにお たけひとに さつけあひらの かみとなる』ホ29

【熟・賑・瓊】正の方向に離れるさま。

『つはものぬしか まさかきの かんゑはにたまホ7

【丹】同上。 日没の空の色。 色は「赤」→「青」→「黄」→「丹」→「黒」と進展。

『ときにあめより にいとりの ひとはおつれは あまつのり』ホ16

【瓊】同上。「にたま(熟玉)」の略。 。優れた玉。宝石。

『あけまきし もすそおつかね はかまとし ゐもみすまる からまきて』ホ7
『あめのめくりの むしはみお みるまさかにの なかこりて』ホ7

【新】「にい」の略。

『おこりあかして かゑはに たかえうまるる たとえうた』ミ10

【に(助動詞)・也】「」の活用。「なり(也る/成る)」の転。

『わかひこか むねにあたりて うせにしお かえしやおそる もとおりや』ホ10
『わかこさりにき われもさる いまわれさらは たれかまた』ホ10
『ははやおそえて たまふのみ をしかむしろお おりにけりホ11

    

11/04/29

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】