ねつ  ネツ  netu

  

【(和つ・祈つ・撫づ・乗つ)・念づ】
A: 合う/合わす。(心を)合わす。並ぶ。匹敵する。

『しいさほのすえ もたしめて ふねにひきいれ なおたまふ しいねつひこの』ホ29

 
変態:「なつ(撫づ・懐つ)」「なす(生す・和す)」「にす(似す)」「のす(乗す)」「めす(召す)
派生語:「ねたむ(妬む)」「ゆひねつ(結い和つ)

 
 

【(離つ・放つ・発つ)】【捩づ・捻づ】
B: 離れる/離す。放つ。払う。発す。そる/そらす。曲る/曲げる。

変態:「なす(鳴す)」「ぬす(盗す)」「へつ(隔つ)
派生語:「ねちく・ねしく(拗く)

 
 

【(熟つ・練つ・熱つ)】
D: 正の方向に離れる/離す。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」

変態:「なす(成す・済す)」「ねす(熱す)」「のす(伸す)」「めつ(愛づ)

 
 

【(寝つ)】
E: 負の方向に離れる/離す。
「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」

変態:「ねす(寝す)」「えす(怨ず)

 
 

【熱】
正の方向に離れるさま。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」さま

「ねつ(熟つ・練つ・熱つ)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」などの意。

変態:「なた(灘)」「なつ(夏)」「なな(熟・灘)」「にた(熟)

 
 

【北西】
北西。

『きはやまなかと きねはあす ねはかはくちと ねつもとす』ホ24
ねつかいわやに ふつちくも なはあおくもと しらくもと』ホ38

 
ね(北)」+「つ(西)

同義語:「つね(西北)

  

10/01/29

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】