ウマシタケヰココロ

→ 語義
  

屋主忍男武雄心 (ヤヌシオシオタケオゴコロ)。屋主忍雄武猪心命 (ヤヌシオシオタケイゴコロ)。
オシマコト(ヒコフト)タカチの子。 ウマシウチ 
紀の国造の祖ウツ (宇豆比古) の妹、ヤマトカゲ姫を娶ってタケウチを生む。 
景行天皇
の三年春、紀の国に神 (ムカツ姫) を祭ろうとするが、占に御幸は良くないと出たので、ヰココロを九年間アビカシハラに遣って祭らせる。
  

奈良県桜井市大字谷字西浦、若櫻神社摂社、 高屋安倍 (タカヤアベ) 神社
長崎県東彼杵郡波佐見町井石郷、井石 (イセキ) 神社
新潟県上越市名立区名立大町字明神山、江野 (エノノ) 神社
  

★『書紀』屋主忍男武雄心命 (一書に武猪心)
★『新撰姓氏録』屋主忍雄武猪心命 (紀朝臣の祖)

  

ヤマトネコヒコクニクル┐┌────────────オシマコト
    (孝元天皇)  ├┤              ┃
イカシコメ──────┘└ワカヤマトネコヒコ(開化天皇)┃
               ┃──────ハツラワケ┃──ウマシウチ
            ┌タカ姫          ┃(ウマシタケヰココロ)
 タルミ────────┼─────オウチ     ┃     ┃
(葛城国造)       └─────────────タカチ姫   ┃
                                 ┃───タケウチ
                            ┌キウツ ┃
                       ウチマロ─┤    ┃
                       (紀の国造) └ヤマトカゲ姫
   
  

『紀の国に  祭らんと 占えば "行くは好からず" 御幸止め オシマコトの子 ウマシタケ ヰココロ遣りて 祭らしむ』38文
天日畏原に 九年住む 紀のウチマロが ヤマトカゲ 娶りて生む子 タケウチぞ』
38文
タカヨリは 日の前 詣で ウチマロが で孫生む ヰココロが 斎名を乞えば』38文
タカヨリが 斎名タカヨシ 名はウチと タケウチマロぞ』38文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】