みはたのとめのをんふみ  ミハタノトメノヲンフミ  mihatanotomenowonfumi

  

【御機の留の御文】
国家という機を織り上げるための御文。(内容はアメナル文であるらしい)

『かといてに みはたのとめの をんふみお みまこにたまひ』ホ24
『あやにしるして をてつから ふみおみまこに さつけます』ホ24

 
みはた(御機)」 の 「とめ(留)」 の 「をんふみ(御文)
「みはた」は 「国家の纏り」 を 「機織り」 になぞらえた表現。
「とめ」は ここでは「結び・まとめ・仕上げ・完成・とどめ」などの意。

別名:「みはたのふみ(御機の文)」「みはたをりとめ(御機織留)

  

10/07/08

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】