ユキリ

→ 語義
  

由碁理。 
開化天皇
の后タケノ姫の父。
ユキリは「与謝」を指す地名と思われる。

  

ヤマトネコヒコクニクル(孝元天皇)
  ┃
ウツシコメ───────ワカヤマトネコヒコ(開化天皇)
  ┃            ┃
イカシコメ[内后]┐ ─→ イカシコメ[内宮]─────┬(3)ミマキイリヒコ(崇神天皇)
        │      ┃         │
        └オシマコト ┃         └(4)ミマツ姫
               ┃                  ┌ツヅキタルネ
タニハ県ユギリ────タケノ姫[??]────────(1)ユムズミ──┤
               ┃                                   └サヌキタルネ
カスガ県主オケツ────オケツ姫[典侍]───────(2)ヒコヰマス 
               ┃
カツキ国造タルミ────タカ姫[内侍]────────(5)ハラツワケ
  
  

★『勘注系図』建諸隅命のまたの名を由碁理とする。開化天皇御宇(みよ) 丹波の國に丹波郡(たんばのこおり) と余社郡(よさのこおり) を割いて、竹野姫の屯倉(みやけ) を置かせられる。
★『古事記』は、開化天皇が旦波の大縣主由碁理の女竹野比賣を娶ったとする。 
■与謝郡与謝野町弓木(ゆみき)
  

『十二月十三日に ユキリの姫 タケノ姫生む ユムスミの 斎名コモツミ』32文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】