ソヨヘ・ソヨタテ

→ 語義
  

十四経。
不詳。 東洋医学にいう 「経絡の経脈」 に近いか。
  

【経絡】けいらく  (デジタル大辞泉)
(「経」 は縦の流れ、「絡」 は横の流れの意)
漢方で、つぼの筋道。気血の循環系で、12の臓腑 (ぞうふ) に対応する12の正経と8の奇経 (きけい) があり、これに沿って経穴(つぼ)が配置されている。

【十二経】じゅうにけい  (デジタル大辞泉)
漢方で、六臓六腑を巡って気血の流れている12の経脈。肺経から始まり、大腸経・胃経・脾経 (ひけい) ・心経・小腸経・膀胱経 (ぼうこうけい)・腎経・心包経・三焦経・胆経を経て肝経から再び肺経に戻り、全体が一つの流れになる。十二経絡。十二経脈。
  

七月  八月  九月は見目 シム十四経 声の四十八手 アワの神14文
『親つモノ 十六万八千と を得て』ミ6文
『人生まる時 神とモノ 魂・魄 結び 霊の結と 五臓六腑も その上の 十四経 備え 人と成す』ミ6文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】