やたをみ  ヤタヲミ  yatawomi

  

【八咫臣】
ヤタの鏡の臣。八尺身の心(魂魄)を鑑みる臣。
陽陰の纏り」を執り行う臣。左の臣。

やたをみは そろはふはるの たみわさお かんかみるめそ』ホ24
やたをみは そろをうはるの たみわさお かんかみるめそ』ホ30

 
やた(八咫)」+「をみ(臣)

類語:「かかみをみ(鏡臣)」「かかみのとみ(鏡の臣)」「たのとみ(左の臣)」「なかとみ(中臣)」「みかさをみ(見和臣)

  

10/07/09

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】