なかとみ  ナカトミ  nakatomi

  

【(和臣)・中臣】
陽陰(日月・魂魄・天地)を調和する臣。 =かかみのとみ(明暗見の臣)

『わかひこか なおきかかみの ことつけは なおりなかとみ かみたまふ』ホ30
『ものぬしと なかとみあわせ なおりかみ うさにいとうの みめかみや』ホ31

 
なか(和・中)」+「とみ(臣)
「なか」は「なく(和く)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・調和する・同調する」などの意。

別名:「かかみのとみ(明暗見の臣)」「みかさをみ(見和臣)」「やたをみ(ヤタ臣)」「ひたりのとみ(左の臣)」「たのとみ(左の臣)

  

09/12/21

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】