ちくら  チクラ  tikura

  

【(千転・千回)・千座】
1000回。1000度。

『しかるのち たかまにはかり そさのをの とかはちくらの みきたかれ』ホ7

 
ち(千)」+「くら(転・回)

 
 

【(契交)・筑羅】
合うさま。交わるさま。中間。境界。
 ●海流の交わる所。

『ゆえはちくらに かもわれて ひめもたけすみ ほたかみも』ホ26

 
「ちくる」の名詞化。
「ちくる」は「ちく(契く)」と同義語「くる(交る)」の合成。
ここでは「A: 合う・交わる
」などの意。

変態:「ちきり(契り)

  

10/07/15

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】