しらすな  シラスナ  sirasuna

  

【(親土・親地)】
傍。沿い地。近場。

『おとたまかわの しらすなに ひるねしておる ちまたかみ』ホ24

 
しら(知・親)」+「すな(地・土)
「しら」は「しる(知る・親る)」の名詞化で、「近しいさま・親しむさま」を表す。
「すな」は「すぬ(占ぬ)」の名詞化で「場所・区画」を表す。

同義語:「ちまた(巷)」「つち(辻)

  

11/03/04

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】