しは  シハ  siha
しわ  シワ  siwa

  

【皺・皴】
1.包み。囲み。
2.隔てるもの。分けるもの。きざみ。分割。区切。

『みつうくうつほ ほなるうお しはうろこよし ほはくさし』ホ15
『みめくりは ふつきいたれは みかはしり しわさらにきる』
ホ16

 
しふ(狭ふ/散ふ)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・収める・囲む」、裏を返して「B: 離す・分ける・区切る」などの意。

変態:「しま(島)」「しふ(州)」「しい・しゐ(州)
類語:「かわ(川)」「かき(垣・限・画)」「うろこ(鱗)

 
 

【(潮・更)・屡・数】
往き来するさま。回転するさま。循環するさま。

『みつほまなゐに のりみゆき しはしはまつり きこしめす』ホ192

 
しふ(
更ふ・擦ふ・潮ふ)」の名詞化。
ここでは「C: 行き来する・回る」などの意。

変態:「しほ(潮)さら(更・浚)
派生語:「しばしば

 
 

【(下・地)】
負の方向に離れるさま。下。地。土。世。

しわかみの こころほつまと なるときは はなさくみよの はるやきぬらん』ホ序

 
しふ(垂ふ・下ふ)」の名詞化。
ここでは「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる」で、「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」などの意。

変態:「しも(下)」「しゐ (魄)」「すえ(末)
関連語:「しはに(底土)」

 
 

【柴】
枯れたさま/もの。枯れ木。

『るはしはの かわけはもゆる るきのほそ きはきのかれて おもひなし』ホ23
『ひめはすそのに うつむろし めくりにしはの かきなして』ホ24

 
しふ(垂ふ・弑ふ)」の名詞化。
ここでは「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる」で、「低まる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・果てる」などの意。

類語:「しはき(柴木)
関連語:「しばれる」「しわがれる(嗄れる)」

  

09/11/01

   

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】