せく  セク  seku

  

【(狭く)・塞く・堰く】【(垂く・下く・跼く)】
A: 合う/合わす。狭まる/狭める。締まる/締める。収まる/収める。留まる/留める。

『ひめひとり ねさめてゆけは まつさかに せきとめられて』ホ24
『みはむゐしなお ゐつわけて なかすゐしかわ せきいれて』ホ24

<その結果>
E: 負の方向に離れる/離す。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」

 
変態1:「しく(如く)」「すく(好く・助く・結く・挿ぐ)
変態2:「さく(下ぐ)」「しく(敷く)」「そく(退く)
派生語:「せくくまる(跼る)」「せこ(谷・迫)」「せこい」「ふせく(防ぐ)」「いせき(堰)」「せき(塞き・堰・関)」「せ(瀬)

 
 

【急く・(繁く・過く・優く・清く)】
D: 正の方向に離れる/離す。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」

変態:「さく(咲く)」「しく(頻く)」「すく(優ぐ・過ぐ)」「たく(長く・焚く)
派生語:「せこ(背子)

  

10/01/30

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】