みもすそ  ミモスソ  mimosuso

  

【裳裾】【御裳裾・神裳裾】
1.=もすそ(裳裾) 裳の裾。下端。下の下。末の末。一番下。 
 ●普段は顧みられない所。

『あけまきし もすそおつかね はかまとし ゐもにみすまる からまきて』ホ7
『たみに をおととけ あわおつかねて ひつきなす もすそおくめと』
ホ28
みもすその たみおなてつつ さをしかの きよきにかみは ありとこたえき』
ホ28
『なんちよく わすれすきたる みもすそよ こふはこれそと さつけます』ホ28
みもすそとえは さるたひこ むかしはたれお やふらんと みそきなすとき』ホ28
もすそのくすに やふるゆえ すすくすもちい これおたす』
ホ28
『うつわゑて むみちをやふり をさむたみ みなみもすその なかれなり』ホ28
『ひめのもすそに つきをけの しみたるおみて やまとたけ みしかうたして』ホ40
『あぬうなる みはのゆかりは さをしかの もすそにみつる めくみぬうなり』フあぬう
『をぬうなる みははもすそも ほころひす つうしよこへの いともかしこし』フをぬう

 ●<逆に>普段顧みないことを顧みること。=裳裾を汲む

『なんちよく わすれすきたる みもすそよ こふはこれそと さつけます』ホ28

2.アマテル神の裳裾を汲むもの/地。アマテル神を顧みるもの/地。

みもすその さこくしろうち あらためて あまてるかみの うちつみや』ホ28

  
[1]
みも(裳)
+「すそ(裾)
[2]
み(御・神)」+「
もすそ(裳裾)

変態:「みをすえ(御尾末)
類語:「
もすそ(裳裾)」「みはのそを(御衣の末)をすえ(尾末)」「おしほ(終)」「おすひ(襲)」「そを(曽於)

  

09/12/09

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】