みも  ミモ  mimo

  

【(下・裳)】
負の方向に離れるさま。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」さま
  ●下。末。隅。 ●下(下半身)に合わすもの。=も(裳)

『つねにきく さをしかやたの わかかむり はとみもホ28
みもすその たみおなてつつ さをしかの きよきにかみは ありとこたえき』ホ28

 
みむ(惨む・卑む・貧む)」の名詞化。
ここでは「E: 負の方向(小・少・低・端・後・粗・暗・静)に離れる」で、「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」などの意。

反対語:「みは(衣)

 
 

【(和)】
1.和合の地。釣合う所。半分。中間。
2.正の方向に離れる所。 中心。中央。

『せおりつひめと ををんかみ みやうつさんと みもかわに あのほるちゑて』ホ28

 
みむ(見む/満む)」の名詞化。
ここでは「A: 合う・収(治)まる・釣合う」、また「D: 正の方向(大・多・高・央・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。

変態:「みほ(和)」「みお(三尾・和)」「めを(陰陽)」「みよ(和・結)」「みや(和・宮)
類語:「うち(内・宇治)

 
 

【三百】
300。

『みそとせややに のひさかゑ もものつくりき みものはり ゐもはむなきそ』ホ17
みもはかり よろとしみちて ゐもつきの あめのまさかき』ホ28

 
み(三)」+「も(百)

  

10/07/21

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】