みもすそのたみ  ミモスソノタミ  mimosusonotami

 

【裳裾の民】
その神霊は耳近き緒(冠の緒)でありながら、世においては一番下・最下層に身を置き、軽視される民。

みもすその たみおなてつつ さをしかの きよきにかみは ありとこたえき』ホ28

 
みもすそ(裳裾)」 の 「たみ(民)
「みもすそ」は「裳の裾」で、「一番下」の意を表す。
その神霊は「冠の緒」でありながら、世においては「一番下・最下層」に身を下げている民

  

15/08/18

   

基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】