みかかみ  ミカカミ  mikakami

  

【御鏡・神鏡】
アマテル神が定めた三種宝の鏡。 =ヤタの鏡

『たみまして あまてるかみの みかかみお』ホ序
『まふつなら かんかみんとて みかかみに うつせはふつく つはさあり』ホ8
『すへてななます ここちみな ひとなるのりの みかかみお』ホ8
みかかみお こやねにたまひ みつるきお こもりにたまひ のたまふは』ホ24
『せおりつひめは みかかみお もちてかすかに さつけます』ホ24
『むかしつかえて みかかみお たまえはわれら たのとみそ』ホ28
みかかみは ひたりおしくも やゑかきは くしみかたまに さつけおき』ホ30
みかかみは ゐそすすひめに やゑかきは あひらつひめに』ホ30
『やまとをさむる みかかみは こやねにさつく かみのむね』ミ序

 
み(御・上・神)」+「かかみ(鏡/明暗見)
「鏡」は陽陰(日月・魂魄・神)を和合する物実

類語:「かんかかみ(神鏡)ますかかみ(真澄鏡)」「まふつのかかみ(真経津の鏡)」「まふつやたかかみ(真経津八咫鏡)」「やたのかかみ(八咫の鏡)

 
 

【御明暗見】
神を社に纏るお方。 =神主日夜見御使

『かよみおしふり ねみかかみ みそこたからの みからぬし』ホ34

 
み(御)」+「かかみ(明暗見)
「み」はここでは尊敬を表す。
「かかみ」は「かよみ(日夜見)」の言い換えで、ここでは「陽陰を合わす者・神を社に纏る者」の意。

類語:「かんぬし(神主)」「かよみおし(日夜見御使)みからぬし(神殻主)みやつかさ(宮司)

   

10/06/03

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】