かはね  カハネ  kahane

  

【姓】
1.合わせ。まとめ。束ね。共通。
2.(共通の祖からの)分かれ。分岐。派生。

『いまかなさきの ゑたかはね むなかたあつみ たすけしむ』ホ6
『あたつくしねに おおみわの かはねたまわる わにひこは ももこそふほそ』ホ31
『みかさのかはね うさまろに たまひてたたゆ みかさをみ』ホ31
かはねおとえは をはこもり めはかつてひこ たまふなは』ホ31
『ゆきとくにむく みちつかさ かえれはよしと かはねたまひき』ホ34

全部見る 

 
「かはぬ」の名詞化。
「かはぬ」は「かふ(交ふ/離ふ)」と同義語「はぬ(合ぬ/刎ぬ)」の合成。
ここでは「A: 合わす・収める・まとめる」、裏を返して「B: 離れる・分れる」などの意。

変態:「かはい(庇い)
類語:「たはね(束ね)」「から(族)」「うちな(氏名)

 
 

【屍・尸】
1.(霊を)収める器。
2.(霊が)離れた器。

『たらちねの はやちにかはね ひきとりて もやおつくりて かりもかり おくる』ホ10
『あめのまつりお たておけよ かはねのみやに かんくらお』ホ13

 
「かはぬ」の名詞化。
「かはぬ」は「かふ(交ふ/離ふ)」と同義語「はぬ(合ぬ/刎ぬ)」の合成。
ここでは「A: 合わす・収める」、裏を返して「B: 離れる・分れる」などの意。

類語:「から(空・骸)きさり(帰更り)おもむろ(骸)」「むくろ(身・躯)」

  

10/06/08

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】