かはね  カハネ  kahane

  

【姓】
1.合わせ。まとめ。束ね。共通。
2.(共通の祖からの)分かれ。分岐。派生。

『いまかなさきの ゑたかはね むなかたあつみ たすけしむ』ホ6
『あたつくしねに おおみわの かはねたまわる わにひこは ももこそふほそ』ホ31
『みかさのかはね うさまろに たまひてたたゆ みかさをみ』ホ31
かはねおとえは をはこもり めはかつてひこ たまふなは』ホ31
『ゆきとくにむく みちつかさ かえれはよしと かはねたまひき』ホ34
『みこもてあそひ ものいえは ゆかわおほめて とりとりへ かはねたまわる』ホ36

 
「かはぬ」の名詞化。
「かはぬ」は「かふ(交ふ/離ふ)」と同義語「はぬ(合ぬ/刎ぬ)」の合成。
ここでは「A: 合わす・収める・まとめる」、裏を返して「B: 離れる・分れる」などの意。

変態:「かはい(庇い)
類語:「たはね(束ね)」「から(族)」「うちな(氏名)

 
 

【屍・尸】
1.(霊を)収める器。
2.(霊が)離れた器。

『たらちねの はやちにかはね ひきとりて もやおつくりて かりもかり おくる』ホ10
『あめのまつりお たておけよ かはねのみやに かんくらお』ホ13

 
「かはぬ」の名詞化。
「かはぬ」は「かふ(交ふ/離ふ)」と同義語「はぬ(合ぬ/刎ぬ)」の合成。
ここでは「A: 合わす・収める」、裏を返して「B: 離れる・分れる」などの意。

類語:「から(空・骸)」「おもむろ(骸)」「むくろ(身・躯)」

  

10/06/08

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】