ヨハキシ

→ 語義
  

世掃し。穢掃し。  → ハキシ
世(穢)を祓い清めるもの。世を祓う箒。
琴弾原
古市に四枚ずつ落ちた白斎鳥 (ヤマトタケの骸が化けたもの) の尾羽を言う。
  

『尾羽はあたかも 上の治の 世掃しぞこれ 東西もみな 足せば罷れる 陽陰法ぞ』40文
オシヤマ宿禰 冠 御衣 世掃し持ちて 臣六人 キビタケヒコも 同じ前』40文
『吉備・播磨 兄弟のタケヒコ 世掃しを 左右に並びて 御柱は 内宮の臣 神輿前』40文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】