よはきし  ヨハキシ  yohakisi

  

【世掃し・穢掃し】
世(穢)を祓い清めるもの。世の穢を掃くほうき。
(ヤマトタケが転じた白斎鳥が落としていった8枚の尾羽を言う)

『おははあたかも かみのよの よはきしそこれ』ホ40
『おしやますくね かふりみは よはきしもちて とみむたり』ホ40
『きひはりま ゑとのたけひこ よはきしお まてにならひて』ホ40

 
よ(世・穢)」+「はきし(掃為・掃仕)

  

10/02/19

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】