チハヤフル・チワヤフル

→ ちはやふる
  

千早振る (幸振る)。
幸が巡る。幸を巡らす。
  

【千早振る】ちはやぶる −広辞苑より−
(古くはチハヤフルとも)
「神」「うぢ」などにかかる。
万二「玉かづら実ならぬ樹には―神ぞつくとふならぬ樹ごとに」
  

『合共に 手を棄ち伸べて 歌ひ舞ふ  「幸振る」とぞ 楽しめば これ上位に 和照らす 大御神なり』7文
『十万のモノマ 天狗影 も逃れ 幸振る 神の恵みと 散々拝む』8文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】