オオクマト

→ 語義
  

大熊命 (大隈統)。 
筑紫のオオクマトはアマテルに秀馬「青駒」を奉る。アマテルはそれを面白く思ったという。「オオクマ」が「アオコマ」を持って来たことが可笑しかったのだろうか。その返しにアマテルから七草の御饗を賜り、ヌエアシモチ曲腐(カサクサ) を治す。この故事が後に宮中行事の『白馬節会』になったようだ。
  

奈良県天理市長柄町、白提 (シロツツミ) 神社
  

『時にツキスミ オオクマト 秀つ馬 青駒 奉る』19-2文
『神 おもしろく 思すれば クマトに賜ふ 御饗には ヌエアシモチが 曲腐も』19-2文
コゲウハコベラ イタヒラコ スズナスズシロ スセリナヅ この七種に 除くなり』19-2文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】