カサクサ

→ 語義
  

瘡腐 (曲腐)。
(腫れ物・できもの・痒みなど) 皮膚の病。
  

【瘡】カサ・クサ −広辞苑より−
1.皮膚病の総称。できもの。
2.梅毒(ばいどく)の俗称。

【雁瘡】ガンガサ −広辞苑より−
(雁の来る頃発して、帰る頃癒えるからいう)

 痒疹(ようしん)・痒疹性湿疹の俗称。慢性でかゆく容易になおらない。臑瘡(すねくさ)。がんそう。こせがさ。瘡(こせ)
  

神 おもしろく 思すれば クマトに賜ふ 御饗には ヌエアシモチが 曲腐も』19-2文
コゲウハコベラ イタヒラコ スズナスズシロ スセリナヅ この七種に 除くなり』19-2文

七日祭る ミソの菜は ヌヱアシモチが 曲腐を』ミ9文
ゴゲフハコベラ イタヒラコ スズナスズシロ スセリナヅ この七種に 除くなり』ミ9文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】