ミツエシロ

→ 語義
  

御杖代 (見仕知・貢領)。
神の斎を執り行う者。神に敬いかしずく者。斎王斎宮。 =ウチノヲミコウチヲキミウチミコ
80人のモノノベとそれを束ねる12人の司を従える。
  

【御杖代】ミツヱシロ −大辞林より−
大神・天皇などの御杖となって助けるもの。多く、伊勢神宮の斎宮の称。
  

『二十二年十二月 二十八日に ヤマト姫ヨシコ 今年十一  神に貢ぎの 御杖代36文
『三年後 トヨスキ齢 百三つで 御杖ならずと 見習わせ かねて願えば この度は ヨシコ内の 親王とし』36文
クスコの 御杖代 高の宮居に 謹みて 仕え侍べる』38文
『告げにより 名もアツタ神 ミヤズ姫 に比べ 神主も 宮司 並み』40文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】