アブミ

→ 語義
  

鐙。
アフミは「対」の意。  → アフミ
左右一対あるものを言うらしい。 腎臓(ムラト)を「アフミ」とも言う。
  

【鐙】アブミ −広辞苑より−
(足踏みの意)
鞍の両脇にさげ騎者の足をふみかける馬具。
  

★馬に騎乗する足掛りであると同時に、騎乗時に足を乗せる装具である。大和鞍や水干鞍の鐙は、袋鐙(武蔵鐙とも)という日本独特の形状で、足裏全体を乗せることのできる長い舌を特徴とし、軍陣用は舌がさらに長く扁平な舌長鐙となった。こうした形状の鐙は、かかとに重心を置き、足を踏ん張り、鞍壺から立ち上がることを容易にした。
  

地道 金製り 駆けは尾差の 連縄も 五寸 短かく』19-2文
『野に片 トラガシハ 拾ひ考え 鐙 挿し 今 奉る 尊飾り 褒めて賜わる 村の名も タマカワアフミ
39文

  

  

アブミナワ

  
鐙縄。
鐙を安鞍(下滑鞍)につりさげる縄。
  

『敷く安鞍の 鐙縄 マチに居木上げ 試みて 腿と腹帯の 緩み合ひ』19-1文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】