シトナメ・シトナメクラ

→ 語義
  

下嘗(鞍)。褥(鞍)。 =シトネ(褥)
 

★居木には、馬膚と鞍橋の間の緩衝となる下鞍(したぐら) (膚付(はだつけ) と切付(きっつけ) の二枚からなる)、膚付と切付の間に入れる泥除けである障泥(あおり)、鐙を吊す力革(ちからがわ) などが取り付けられ、居木には鞍褥(くらしき) が置かれ、その腰を下ろす部分を鞍壺といった。
  

【鞍褥】アンジョク  −広辞苑より−
馬のくらの下に敷くふとん。
  

『また厳乗は 馳せる時 下嘗鞍を 敷き置ひて 腹帯 緩めず』19-1文
『厳駆けは 腹帯緩めず ちと締めて 下嘗きつな 胸懸も 四方手に添えて』19-2文

   

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】