ハルビ

→ 語義
  

【腹帯】ハルビ −広辞苑より−
鞍を固定するため、馬の腹をくくる帯。布または苧縄(おなわ)を用いる。はらおび。
  

『敷く安鞍の 鐙縄 マチに居木上げ 試みて 腿と腹帯の 緩み合ひ』19-1文
『また厳乗は 馳せる時 下嘗鞍を 敷き置ひて 腹帯 緩めず』19-1文
地道には 腹帯緩くて 五指の 通る程 好し』19-2文
『厳駆けは 腹帯緩めず ちと締めて 下嘗きつな 胸懸も 四方手に添えて』19-2文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】