タマカワアフミ

→ 語義
  

多摩川青梅 (尊代鐙)。
トラガシハ
ヤマトタケの馬の鐙の片方を拾い、これを挿してヤマトタケの肖像を造り奉る。 
ヤマトタケはこれを誉めて、「タマカワアフミ」と名付けた村をトラガシハに賜わる。
「尊代」が「多摩川」の、「鐙」が「青梅」の語源と思われる。
  

東京都青梅市根ヶ布、虎柏 (トラカシハ) 神社
東京都調布市佐須町、虎柏 (トラカシハ) 神社
  

『野に片 トラガシハ 拾ひ考え 鐙 挿し 今 奉る 尊飾り 褒めて賜わる 村の名も タマカワアフミ39文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】