たかのみや  タカノミヤ  takanomiya
たかのみやこ  タカノミヤコ  takanomiyako

  

【(治曲の宮)・多賀の宮】【(治曲の都)・多賀の都】
1.(近江の) 多賀の宮。 二尊の下り居の宮

『みことのり たかはふたかみ はつのみや いまやふるれは つくりかえ』ホ27

  ●後にオシホミミの最初の都とする。 =たかわかみや(多賀若宮)

『たかきねやすの いまみやに たかわかみやの かふのとの』ホ10
『おしひとの をしほみみとそ きこしめし たかわかみやに ひたします』ホ11
『きみはこそ つほおしたひて みゆきなる たかのみやこお ひきうつし』ホ11

  ●後にそれをウガヤが作り替えて都とする。

『とかくしおして わかみまこ たかのふるみや つくりかえ』ホ27
『みこかもひとは ひつきうけ みつほおうつす たかのみや
ホ28
たかのみやもる うものぬし くしみかたまに みことのり』ホ29
『そのみちなりて くろたより かくやまかもや たかのみやホ32

2.たかをきみ(多賀の央君)。 =ヰツセ

『かてふねお のほさぬゆえに たかのみや つくしのみやに ゆきゐます』ホ28

 
たか(
治曲・多賀)」 の 「みや(宮・雅)
たか(治曲・多賀)」 の 「みやこ(都)

  

09/12/10

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】