すきくわ  スキクワ  sukikuwa

  

【直肥】【鋤鍬】
1.(自己の)曲りや逸れを直し、耕すこと。
2.(田畑の)曲りや逸れを直し、耕すもの。

『ふたかみの つきてあまねく のりめくり たみのをしゑは すきくわや』ホ18

 
すき(直ぎ・鋤)」+「くわ(肥・鍬)

「すき」は「すく(直ぐ)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・調和する・直す」などの意。
「くわ」は「くふ(肥ふ・越ふ)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離す」で、「高める・敬う・尊ぶ・勢い付ける・栄す・熟れさす・優れさす・至らす」などの意。

  

14/10/21

   

基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】