しわかみほつま  シワカミホツマ  siwakamihotuma
しはかみほつま  シハカミホツマ  sihakamihotuma

  

【(地上和統)・磯輪上秀真】
地上に形となって現れた "ほつま"。

『ついにしわかみ ほつまなる』ホ序
『くにのなも しはかみほつま あまねくに うつりたのしむ よよゆたか』ホ24
『むめひとをきみ しわかみの ほつまのみやに かえりますかな』ホ25
『はらみやま なりてみそよろ たみおたす ついにしはかみ ほつまなる』ホ26
『こころひとつに くにのなも しわかみほつま あらはるる』ホ28
『やまとうらやす こゑねくに やまとひたかみ そこちたる しわかみほつまホ31

 
しわかみ(地上)」+「ほつま(和統)
「しわかみ」は「地上」を意味するが、ここでは「理念が地上に形となって現れるさま」を言う。
「ほつま」はここでは「調和」の意。

  

10/07/12

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】