みたねふみ  ミタネフミ  mitanefumi

  

【御胤文・神種文・霊種文】
神の末裔を生む伝え。貴き子孫を生む伝え。アメミヲヤの分け神霊である人を世に現す教え。

『ここにこもりの みたねふみ あめつちいまた わかさるに』ホ16

 
みたね(御胤・神種・霊種)」+「ふみ(文)
「みたね」はここでは「神の末裔・尊き後継」の意。これはアメミヲヤの分け神霊である「人」を言う。

類語:「みたねうむみはた(御胤生む御機)」

  

15/08/18

   

基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】