いせのかんをみ  イセノカンヲミ  isenokanwomi

  

【(妹背の神臣)】
妹背の神に仕える臣。 妹背の道を教える臣。

『みかさとみ いせのかんをみ ををかしま ふもよそなとし ささくはなをし』ホ序
『みかさとみ いせのかんをみ をおかしま ふもゐそなとし ささくはなをし』ミ序

 
いせのかん(妹背の神)」+「をみ(臣)

類語:「かんとみ(神臣)」「かんをち(神翁)

  

10/03/18

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】