クシナシジンジャ

 
櫛梨神社
香川県仲多度郡琴平町下櫛梨。 
祭神:神櫛王命
  

金毘羅宮で有名な琴平駅の北3Kmの下櫛梨に鎮座。社伝によれば、景行天皇の命を受けた神櫛皇子が、祓戸神(磐船大明神)を祀った。また地神の大麻神・大歳神、更に山下明神・諏訪明神を祀った。その後当地に城山を築き、国造となった。仲哀天皇8年(199年)9月15日、120歳で亡くなった皇子を櫛梨山に葬り廟を建てて祀ったのが当社の起源。
  

景行天皇神櫛(カンクシ)皇子を祭神としているが、これはどう考えてもツミハの子のクシナシだと思う。

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】